TOPICS

ニューイヤーコンサート2016 ソリストインタビュー 知念利津子(ソプラノ)

ニューイヤーコンサート2016 ソリストインタビュー

ソプラノ 知念利津子

 

 

【曲目】

ドヴォルザーク作曲 オペラ「ルサルカ」作品114より “月に寄せる歌”

 

ソロを務めていただくソプラノの知念利津子さんにインタビューしてみました!!

 

Q1、知念さんが声楽家を目指したきっかけがあれば教えてください。

 

子どもの頃、少年少女合唱団で歌うことの楽しさを知ったことで

ソロの勉強もしてみたいと思いました。

 

Q2、好きなアーティストや尊敬する音楽家はいますか?

 

ソプラノ歌手のレターナ・デバルディ、モーツァルト

もちろんドヴォルザークも好きです。

 

Q3、今回歌っていただくオペラ「ルサルカ」の聴きどころを教えてください。

 

オーケストラの美しい響きにのせて、

王子に恋してしまったルサルカの純粋な恋心をあらわす

美しいメロディをお楽しみいただければ幸いです。

 

Q4、HPをご覧の皆さまへメッセージをお願いします。

 

新年の幕開けをドヴォルザークの美しい音楽と共に

お過ごしいただければと思います。どうぞ足をお運びいただけますよう、お待ちしています。

 

知念

ソプラノ 知念 利津子

Chinen Ritsuko

 沖縄県立開邦高校芸術科音楽コース卒業、沖縄県立芸術大学声楽専攻卒業、同大学院修了。

大学院修了後、沖縄県国際交流人材育成財団海外留学奨学生として ドイツ留学。財団からの研修修了後、イタリアへ留学の拠を移す。

 大学オペラ公演「コジ・ファン・トゥッテ」にフィオルディリージ役で出演する他、数々の演奏会に出演。

帰国後、ヴェルディ・レクイエム、第九、戴冠ミサ曲、フォーレ・レクイエム等宗教曲ソリストを務める他、

團伊玖磨「紀州路」、「木曽路」などの邦人作品、サロンコンサートなど積極的に演奏活動を展開。 県内に於いては琉球交響楽団定期演奏会に出演。

 2008年文化庁芸術団体人材育成支援事業ガブリエッラ・トゥッチマスタークラス参加。

2009年元FC琉球監督F.トルシエ氏のフランス国家勲章授与式にて演奏。(於:フランス大使公邸)

 近年はオペレッタこうもりロザリンデ役を演じ、同年古橋郷平・知念利津子ジョイントリサイタルを沖縄で開催。

沖縄県本土復帰40周年記念式典にて国歌演奏。オペラでは≪電話≫ルーシー、≪修道女アンジェリカ≫アンジェリカ役を演じる。

 現在、関東と沖縄で演奏活動。第10回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディショングランプリ受賞。

 声楽をUweHeilmann、外間三枝子、澤田文彦、M.F.Cavazza、C.Giardini、F.Cordeiro-opa、高丈二の各氏に師事。

沖縄県立芸術大学非常勤講師、日本演奏連盟会員。

 

 

イベントレポート
イベント月別バックナンバー

南城市文化センター シュガーホール

住所 〒901-1403
沖縄県南城市佐敷字佐敷307
TEL TEL:098-947-1100
FAX:098-947-0099
MAIL
休館日 毎週月曜日

ページの先頭へ